2016.11.21

日本初!自治体向け
『災害対応多言語コールセンター』サービス
提供開始

ビーボーンは、平成28年11月21日より全国の自治体に対し、災害時の訪日外国人・在住外国人とのコミュニケーションサポートを行う『災害対応多言語コールセンター』サービスの提供を開始いたします。 

災害が発生すると外国人は言葉の壁で情報を正確・迅速に共有化できずに被害が拡大することがあります。例えば熊本地震の直後に、弊社内に災害対応多言語サポート専用ダイヤルを設置、無料開放いたしましたが、現場に周知されるまでに3日間を要しました。この空白の3日間にエリア内の外国人が情報を受け取れずに混乱してしまったことは言うまでもありません。 
そこで誕生したのがフリーダイヤル受付けによる『災害対応多言語コールセンター』です。24時間・365日・全14言語対応です。サービス概要は下記参照ください。 

【契約期間】 
1年契約と成ります。ただし、年度途中で契約開始の場合は、年度末までを契約期間とし、更に新年度から1年間継続契約とさせていただきます。 

【フリーダイヤル】 
ご契約後、各自治体専用のフリーダイヤル番号を発番いたします。 

【対応時間帯】 
24時間・365日対応 

【対応言語】 
英語、中国語(北京語)、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、全14言語です。(平成28年11月現在。対応言語拡大時は随時追加対応。) 

【災害対応開始基準】 
ご契約自治体に「災害対策室」設置通知時点より最大3ヵ月間といたします。 

【通話料・通訳料】 
災害対策コールセンターへの通話料及びコミュニケーションサポート通訳料は全て無料です。 

【通訳報告書】 
弊社開発の「web報告書」にて随時閲覧確認可能です。各ご契約自治体にID・PW発行いたします。 

【バックアップセンター】 
万が一、弊社が被災し、通信不能の場合は、沖縄のバックアップセンターにて対応いたします。 

【入電対象施設(場所)】 
ご契約自治体内の被災現場、避難所、病院、宿泊施設などを想定しております。 

【入電対象者】 
ご契約自治体内の自治体関係者、住民、警察、消防、各ボランティアスタッフ及び在住外国人、訪日外国人等を想定しております。 

【利用シーン】 
下記図をご確認ください。 

 

【費用】 
東京23区及び政令指定都市:月額30,000円(年額360,000円) 
その他市町村:月額15,000円(年額180,000円) 
※県単位でのご契約の場合は、別途相談とさせていただきます。 
※全て税別表示です。 



【本件に関するお問合せ先】 
担当:太田、徐(じょ)、和根崎(わねざき) 
E-mail conference@beborn.jp

一覧へ トップページへ